アオノハ  hair make|青森市の美容室 カラーリングがオススメの人気ヘアサロン、美容院

青森市から「上質なカジュアル」を発信する、カラーリングの得意な美容室

お役立ち

ブリーチ等で強いダメージを与ることなく、なりたい髪色になる秘訣

こんにちは、青森市の美容室「アオノハ」成田です。

日々カラーリングさせて頂いていて、お話しすることが多いので今回はカラーリングについて。

ここ数年でとことんトレンドのベーシックになった
「アッシュ」
「グレージュ」
「外国人風」

等の、くすみと透明感のあるスモーキーな寒色ベースのカラーリング。

カラーをしているほとんどの女性が、アッシュ系をオーダー、または美容師から提案されたことがあるかと思います。

そして、カラーの仕上がりに、
「嬉しい!こんな髪色になりたかった!」
ということもあれば、
「あ、これがそうなんだ、、うん、こんなもんなのかな。。」
ということもあったかもしれません。

そして、こんな会話になったことありませんか、

「こういう髪色はブリーチしないと無理ですね〜」

ハイトーンでグレイッシュな髪色はだったり、ピンク系でもかなりビビットな色味だったり。
そんな時はブリーチで元の髪の毛の色素をとことん抜く必要があるのは事実です。

どこまでも攻め込みたいこともありますからね。そんな時はしっかりブリーチさせて頂いてます。腹を決めてブリーチならではの脱色感、デザインを楽しみましょう。

そうではなく、髪の毛のダメージも抑えておきたい、でも普通に茶色っぽくなりたくない、すぐ色落ちして黄色っぽく又はオレンジっぽくなるのがイヤ。という方。

大切なのは「中、長期でのプラン」そしてカラーリングの「頻度」です。

今、どのくらいの周期でカラーリングされてますか?

もちろん髪質にもよりますが、1ヶ月〜1ヶ月半周期で「同系色」のカラーリングを続けることで、かなりクオリティの高い髪色を実現できます。

ポイントは前回のカラーリングの色味の「残り具合」。

ほぼ抜け切った状態でカラーだと、ほぼほぼ前回に近い仕上がりに。

色素の残った状態でカラーリングをすることで、髪の中に「積み重なって」いくイメージ。

そしてカラー剤にも髪の毛の色素を抜いて明るくする力もあるので、毎回カラーをするごとに少しずつ元の髪の毛にある茶色味が削られ、カラー剤の色素を発揮しやすくなります。

また、毎回ガラッとカラーチェンジを繰り返すと、髪の毛の中の残留色素が濁って、キレイな発色が難しくなります。
毎回同じ色味でなくても、同系色で。

実は毎回完全に同じ色味、同じ薬剤で施術しても良くありません。
ご来店時の髪色から判断して、今回はどんな薬剤でどんな仕上がりにするのが最適かを考えて施術させて頂きます。

毎回、だんだん理想の髪色になってくるのが感じられますよ。

アオノハでは、そんなこれからの髪色、髪の毛の状態も一緒につくっていきます。

ぜひご参考ください。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.