POST

TAG

この春高校を卒業する貴女へ【初カラーをするときに知っておきたいこと】

1881D829-5FD0-41F3-892E-BA1608AAE15D

こんにちは。

 

年末から非常に猛威を振るった寒波もピークを過ぎ、春が待ち遠しすぎますね〜。

 

 

今回は恐縮ながら、読んで欲しい相手がハッキリとした記事になります。

タイトルの通り

この春、高校を卒業する貴女へ。

高校三年生。青森市内はほとんどが3/1が卒業式かな。

 

卒業して、大学、専門、就職等、

地元青森だったり、県外に出たり。

これまで以上に「それぞれの道」を感じる高校の卒業。

 

皆さんの今後の生活もますます刺激的で夢にきらめく毎日でありますように

 

 

そしてそして、

 

初カラーのこと考えてます?

毎年、3/1から、卒業したて、人生初カラーのお客様が多いのが3月の特徴。

なので、そんな皆様に、できるだけわかりやすく、そしてできるだけ正直な、リアルにお伝えしようと思います。

 

 

「髪の毛を染める」とは

貴女が今、染めていない髪の毛だとして。

ほぼ黒髪、ということは「色素がいっぱい」ということ。

 

色を変えたいけど、そのままだと黒いものに上から色をつけてもどうしても「ほぼ黒」なんです。

 

つまり、髪の毛の色を変えるには

「色素を抜く作業」と

(入れたい)色素を入れる作業」があるわけです。

 

 

メーカー等によって特色の違いはあれど、美容室のオーソドックスなカラー剤はこの2つの作業を一発でどちらも行ってます。

 

だから、黒髪から茶色くなるし、その茶色も「くすんだ茶色」だったり「赤っぽい茶色」だったり、コントロールされています。

 

このような感じ。

 

 

 

ただ、こう思う方も多いのでは。

 

 

「もっと明るく透明感のあるような柔らかい色にしたい」

「もっとビビッドで、鮮やかな色にしたい」

 

そんな時は、一度のプロセスでは薬剤の限界になってしまいます。

 

頑張って明るくできる限度まで頑張ると。

その時、薬剤中の色味は薄いのです。

 

色味が濃いめの薬剤。

それはあまり明るくできない(暗い)のです。

 

 

初カラーということを想定してなので

 

 

だから「ブリーチ」をする。

ブリーチとは脱色剤。

「染める」ではなく「(色素)を抜く」

 

通常のカラー剤と違い、明るくすることに特化したアイテムで、桁違いな領域に行けます。

 

脱色して明るくするプロセスと

色味を入れるプロセスを、分けるということ。

 

 

だからこそできる仕上がり。

 

もしかしたら貴女が望んでる髪色は、ブリーチが必要なのかもしれないですね。

 

ブリーチについて、知っておきたいこと

1.傷み

通常のアルカリカラーに比べて、やはり髪の毛の負担は大きくなります。

 

2.色が落ちたら明るくなる

ブリーチして明るくした後、希望の色味になるように色を乗せていくので、仕上がり自体はあまり明るくないケースもありますが、日々のシャンプー等で少しずつ色は抜けていきます。

その時は黒髪戻るということはなく、ブリーチをした後の明るさに近づいていきます。

 

 

 

 

メリットばかりじゃないけど、そういったところを理解して、受け入れて、とことんやりたい髪色にチャレンジできるのも幸せな時間なのかも。

 

プレックス剤と言って、ブリーチやカラーのダメージを抑えながら施術できる処理剤もあります。アオノハでいうところのRシステム。ブリーチするならほぼ必須。

 

 

美容師が言うのもアレだけど、大人の髪色って、お仕事や生活環境によって、制限ある方がほとんどで、その中で、できる限りお洒落を楽しんでます。

なので、もし卒業後も、髪の毛全体を明るくしたり、攻めた色味にするとが難しそうであれば、

部分的にでもアリ。

内側に忍ばせて、耳にかけた時にチラリと。

 

全体に細かくハイライトを入れて、ヘアスタイルの動き、立体感を効果を出したり。

 

色味だけじゃなくても、入れ方でもヘアカラーのは無限大。

フレーミングカラーで大人攻め

【デザインカラー 】が可愛い。

 

 

そして、意外と多いのが、「希望の色が、ブリーチが必要かどうかわからない」ということ。

 

このケースが1番多いかもしれないです。

そして、そういったゾーンの仕上がりが、ご希望でも1番多かったりします。

「これはブリーチしないと!」

 

「これはブリーチなしでいける」

 

こればっかりは、お客様の髪質、染める前の状態から、美容師が判断するのがベストです。

 

今はInstagram等いろんな写真を見る機会があるので、便利でありながら、ちょっとした質感や、光の当たり方、アプリでのフィルター等で、美容師とお客様の色の認識のギャップも出やすい時代でもあります。

 

 

 

 

なので、ぜひ事前にご相談を。

アオノハはカラー比率の高いお店。

技術もそうですが、「カウンセリング」で、ご希望を理解すること。

そのためにどんなプロセスが必要なのか、

できること、できないことを正しくを伝えして、施術します。

 

 

人生初カラー。

黒髪卒業式はぜひアオノハで。

 

official LINEやInstagramのDMでも随時ご相談受けておりますのでお気軽にご連絡下さい。

 

皆さんが髪色、ヘアスタイルを通しての毎日の楽しさがもっとアップしますように。

成田ヨシヒロ
Editor

青森県東津軽郡平内町出身 O型 東京、吉祥寺で10年間勤務。個人年間MVP、フォトコンテスト優勝をはじめ、個人、店舗共に数々の受賞歴。 「青森の女性をもっと素敵に」 「青森をもっと好きになれる美容室」 を目指して日々奮闘。

facebook
tweet
line
link

OTHER POST

冬に備えて、体温上げよう!

アースカラーって何色?

ダークなカシスで秋を先取り