POST

TAG

金属アレルギー、どうします?

A5A8FD83-1179-48A5-8497-D79614CC055E

こんにちは!

お正月からあっという間に1月後半。

長い冬と思っていても、日々過ごしていると、

いつの間にか春が目前だったり。

とは言えまだまだ冬本番は続きそうです。

なるべく楽しんで乗り越えましょう!

さて、今回は意外と多い

金属アレルギー

について調べてみました!

そもそも、金属アレルギーは何故起こるのか?

簡単に説明すると、

金属が汗や体液などに触れることによって、金属成分が微量に溶け出し、体に本来無かった、アレルギー物質が出来てしまうためだそうです。

アオノハにてアクセサリーを販売して3年ほど経ちましたが、意外と金属アレルギーの方が多いという事がわかりました。

一般的に、金属アレルギー三大原因と呼ばれるものがこちら。

 

 

ニッケル

コバルト

クロム

 

 

中でもニッケルに反応してしまう方が多いと言われており、比較的安価である素材のため、合金素材として使われることが多いそうです。

では、金属アレルギーが起きにくい素材はどんなものがあるのでしょうか。

1番起きにくいもので言ってしまえば、

純金、プラチナ類です。

知っての通り、とても高価なものになるので、

今回はもっと手軽に使えるものを調べました。

 

 

チタン

ロジウム

サージカルステンレス

 

 

チタン、ロジウムは、「純」や「本」がついている、純度が高いものの方が金属アレルギーが起きにくいとされています。

また、サージカルステンレスとは、医療用のメスなどに使われている金属であり、一般的なステンレスよりも耐食性が高いものになります。

また、多くのアクセサリー類に施されている、

 

金メッキ

 

 

このメッキにも種類があるのをご存知でしょうか?

メッキの厚みや、質によっても

金属アレルギー反応が出にくいなどということがあります。

そこで通常の金メッキよりも厚く、質が良いメッキというのがこちら。

 

 

KGPKGF

 

 

KGP(ゴールドプレート)

14kgp16kgpなどといい、数字が高いほど金の含有率が高くなります。

通常メッキよりも厚めのコーティングで、変色もしづらいです。

 

 

KGF(ゴールドフィルド)

こちらも14kgf16kgfなどといい、数字が高いほど金の含有率が高くなります。

KGPと何が違うかというと、こちらは金張りでのコーティングになるので、KGPよりも厚いコーティングになります。

よって、お値段もKGPよりはお高めです。

 

 

今のところ、coquetteのアクセサリーのピアス&イヤリング金具はチタンやステンレス、サージカルステンレスなどを使用しておりますが、

最近は16kgpと、本ロジウムの金具もご用意しております。

その他、樹脂製のものもご用意しており、

なるべく金属アレルギーをお持ちの方にもアクセサリーを楽しんでもらえるよう、色々試行錯誤中です。

 

 

金属アレルギーは人それぞれなので、どんな素材が1番安全かというのは判断が難しいです。

純金やプラチナでもアレルギー反応が出てしまう方もいらっしゃいます。

自分に合った素材を知り、無理なくアクセサリーを楽しんでいけるといいですね♪

石田麻結
Editor

青森県青森市出身 B型 2018年青森スタイリストアワードモデル部門優勝。2019年青森スタイリストアワードモデル部門準優勝。 女性の魅力を引き出すカラーリングが得意。 旅行と写真が趣味。 得意のヘアアレンジで毎日違う石田に会いにきてください。

facebook
tweet
line
link

OTHER POST

髪の紫外線対策~Summer~

【アオノハ6周年!ということは…】

韓国風バングってどんな感じ?